任意の記事タイトルが入ります | 鼻とアレルギーとにおいのコラム | 京都駅前耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック

京都駅より徒歩3

当院へのアクセス

menu

鼻とアレルギーとにおいのコラム

鼻中隔弯曲症に対する鼻中隔矯正術 ~日帰りで行う鼻づまりを改善させる手術①~

鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)とは

 

左右二つある鼻の孔の奥は左右の鼻腔に分かれており、間には鼻中隔という仕切りがあります。この鼻中隔が左右どちらか、もしくはS字状に強く曲がった状態を鼻中隔弯曲症といいます。鼻中隔彎曲症 鼻中隔湾曲症

鼻は成長と共に少しずつ大きくなり、鼻中隔も面積が拡がっていきます。その成長にともなって、左右どちらか、もしくはS字状に「たわみ」ができてくるのが「鼻中隔弯曲」といわれる状態です。10歳頃から弯曲が徐々に強くなってきて、女性で13~15歳、男性では15~18歳頃には弯曲がはっきりしてきます。そしてこの鼻中隔の弯曲が、薬が効かない頑固な鼻詰まり(鼻閉)や鼻出血、副鼻腔炎などの原因になることがあります。弯曲自体は実は成人の90%以上にあるのですが、その弯曲が強く、鼻の症状が続く場合には治療の対象となります。 


診断

鼻鏡、ファイバースコープによる鼻腔内の診察を行って 診断します。弯曲の位置、程度などを正確に判断するためには CTが大変重要な検査となります。

治療

鼻づまりや副鼻腔炎などの症状が内服薬や点鼻薬で抑えられれば対症療法を行いますが、効果が無く重度の鼻閉が続く場合は、手術(鼻中隔矯正術・内視鏡下鼻中隔手術Ⅰ型)によって弯曲した鼻中隔の矯正をすることを勧めます。鼻中隔弯曲は鼻中隔の左右外側にある下鼻甲介という粘膜のひだの過度な肥厚(肥厚性鼻炎)をひきおこすため、同時に粘膜下下鼻甲介骨切除術(内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型)を行う必要もあります。


鼻中隔弯曲症は骨の曲がりが主体なので、手術以外に治す方法は無いともいえますが、逆に言えば手術治療が大変効果的な疾患とも言えます。


鼻中隔矯正術(内視鏡下鼻中隔手術Ⅰ型) 

鼻中隔矯正術の9割以上は内視鏡と手術器械を鼻の孔から奥に入れて鼻の中の操作のみで行います。鼻中隔矯正術自体は約30分の手術ですが、

他の手術(粘膜下下鼻甲介骨切除術、後鼻神経切断術、内視鏡下副鼻腔手術)と組み合わせて行うことが多く、手術内容によっては合計で1~2時間程度になります。

当院では全身麻酔により術中の痛みや不安をゼロにして、「2時間我慢することなく、気が付いたら手術が終わっている」状態で手術を行います。


手術方法

 ① 鼻中隔の骨と軟骨を覆っている粘膜(左右どちらか)をメスで切開して軟骨が見えるようにします。

 ② 奥の方で過度に曲がった軟骨や骨(鋤骨・篩骨など)を切りとります。

 ③ 軟骨のたわみを矯正し、粘膜を元に戻します。

 ④ 粘膜を切開した場所を糸で縫い合わせます。

 ⑤ 鼻の孔の中に出血を止める特殊な綿状の止血剤(サージセル®、ソーブサン®)を入れます。

大量のガーゼを詰めて止血をすることは基本的に行いません。時にはアイバロン®というスポンジ状の素材を鼻の中に数日間いれることもありますが、これは抜く時は1秒で簡単に抜けるようなものです。 

 

鼻の入口からの彎曲が強い方などで鼻内からの操作のみでは彎曲が矯正できない場合には外鼻形成術という鼻の外側の皮膚に切開を入れる方法での手術を行うこともあります。 

 

鼻中隔粘膜は血流が多い部位のため、メスで切開した左右のどちらかの側の鼻の入口からの出血が術後数日間目立ちます。また、術後1~2週間は鼻の中の粘膜が腫れるので、鼻づまりは一時的には手術前よりひどくなりますが、この鼻づまりは必ず治まります。しばらくの間の我慢をお願いします。

また、術後1か月程度は痂皮(かさぶた)が鼻の中に作られます。いわゆる大きな「鼻くそ」ができるのですが、これは鼻うがい(鼻洗浄)をしっかりと行っていただくことで取れやすくなりますし、この痂皮がつかなくなった時が、手術の傷が治り、鼻づまりが改善されてすっきりした状態になるということですのでしばらくの間がんばってください。

 

粘膜を縫い合わせた糸を2週間~1か月後に抜糸することもありますが、吸収糸という抜かなくても自然に溶ける糸ですので状況にあわせて行います。抜糸は外来での処置の途中で行いますので麻酔をあわせても15分程度の簡単なものです。