menu

医師紹介

院長 荻野 枝里子 おぎの えりこ

院長 荻野 枝里子(おぎの えりこ)
専門領域
鼻副鼻腔に対する手術 嗅覚障害の診療 気道アレルギー疾患の診療
経歴
1999年 滋賀医科大学卒業
東京医科歯科大学耳鼻咽喉科
三菱京都病院耳鼻咽喉科
京都大学耳鼻咽喉科
京都逓信病院耳鼻咽喉科
医療法人顕夢会ひろしば耳鼻咽喉科 勤務を経て
2019年~ 医療法人福耳会京都駅前耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック 院長
資格
日本耳鼻咽喉科学会専門医
京都府難病指定医(好酸球性副鼻腔炎)
補聴器適合判定医・相談医
受賞歴
2014年 内視鏡医学研究振興財団 研究助成 受賞
論文・著書、
学会発表・講演を見る

論文・著書

  • 荻野枝里子,平岡秀一,廣芝新也.アレルギー性鼻炎患者の日常生活支障度を考慮した薬剤選択と服薬指導の重要性.Progress in Medicine. 2019.
  • 荻野枝里子,廣芝新也,岩永迪孝.Sino-Nasal Outcome Test (SNOT-22) 日本語版の信頼性・妥当性・治療反応性の検討.日本耳鼻咽喉科学会会報.120:1155-1164, 2017.
  • Ogino-Nishimura E, Nakagawa T, Sakamoto T, Ito J. Efficacy of three-dimensional endoscopy in endonasal surgery. Auris Nasus Larynx. 2015.
  • Ogino-Nishimura E, Nakagawa T, Tateya I, Hiraumi H, Ito J. Systemic steroid application caused sudden death of a patient with sudden deafness. Case Rep Otolaryngol. 2013.
  • Ogino-Nishimura E, Nakagawa T, Sakamoto T, Ito J. An endoscopic endonasal surgery training model using quail eggs. Laryngoscope 122: 2154-2157, 2012.
  • Nakagawa T, Ogino-Nishimura E, Hiraumi H, Sakamoto T, Yamamoto N, Ito J. Audiometric Outcomes of Topical IGF1 Treatment for Sudden Deafness Refractory to Systemic Steroids. Otol Neurotol. 2012.
  • Ogino-Nishimura E, Nakagawa T, Sakamoto T, Ito J. Endonasal endoscopic resection of an olfactory ensheathing cell tumor. Case Reports in Medicine 2012.
  • 荻野枝里子,中川隆之.【最新の診療NAVI】炎症・感染症診療NAVI 鼻副鼻腔炎.耳鼻咽喉科・頭頸部外. 84(5):185-190, 2012.
  • 中川隆之, 児玉 悟, 小林正佳, 荻野枝里子, 坂本達則, 伊藤壽一. 嗅神経芽細胞腫に対する内視鏡下経鼻手術 その術式の検討. 日本鼻科学会会誌. 51:474-480, 2012.
  • Eiamprapai P, Yamamoto N, Hiraumi H, Ogino-Nishimura E, Kitamura M, Hirano S, Ito J. Effect of cisplatin on distortion product otoacoustic emissions in Japanese patients. Laryngoscope. 122:1392-1396, 2012.
  • 荻野枝里子,平海晴一,脇坂仁美,伊藤壽一.再燃を繰り返した多剤耐性緑膿菌による頭蓋底骨髄炎例.耳鼻臨床. 105:217-221, 2012.
  • Yamamoto N, Fujimura S, Ogino E, Hiraumi H, Sakamoto T, Ito J. Management of labyrinthine fistulae in Kyoto University Hospital. Acta Otolaryngol Suppl. 563:16-19, 2010.
  • Yamamoto N, Ogino E, Hiraumi H, Sakamoto T, Ito J. Outcome of ossiculoplasty in Kyoto University Hospital. Acta Otolaryngol Suppl. 563:11-15, 2010.
  • Okamura HO, Nishimura-Ogino E, Shinomiya K, Komori H , Haro H, Kishimoto S. New interdisciplinary approach for removing large clivus and upper cervical spine tumors. ORL.65:61-65, 2003.
  • Ogino-Nishimura E, Okamura HO, Takiguchi Y. Argon plasma coagulation for intractable nasal obstruction occurring in patients with allergic rhinitis. Fukushima J Med Sci. 49:15-22, 2003.
  • Ogino-Nishimura E, Okamura HO, Kishimoto S. Successful treatment of an extra-abdominal fibromatosis (desmoid tumor) arising from the prevertebral fascia of the neck. Eur Arch Otorhinolaryngol. 260:446-449, 2003.

学会発表・講演(2010年以降)

  • アレルギー性鼻炎・花粉症に対するオーダーメイド医療(アレルギー週間市民公開講座in京都 2019)
  • 嗅覚改善のためのESS(SINUS SURGERY SEMINAR IN TOKYO 2019)
  • 当院における嗅覚診療(嗅覚冬のセミナー 2019)
  • 喘息合併ECRS術後再発例に対するバイオ製剤の効果(Airway Medicine研究会 2018)
  • SNOT-22を用いた好酸球性副鼻腔炎の術後評価と管理(日本鼻科学会 2018)
  • Airway Medicine耳鼻咽喉科医からみたアレルギー性鼻炎(MEIJI Webカンファランス 2018)
  • 若年発症好酸球性副鼻腔炎の特徴―アレルギー性鼻炎・呼吸機能との関連―(日本アレルギー学会 2018)
  • 好酸球性副鼻腔炎若年発症例の臨床的特徴の検討 (日本耳鼻咽喉科学会 2018)
  • Long-term effects of submucosal inferior turbinate resection for allergic rhinitis with severe nasal obstruction, on sleep and psychometric symptoms in children (European Rhinologic Society 2018)
  • 若年発症の副鼻腔炎の特徴(Airway Medicine研究会 2017)
  • SNOT-22による小児鼻閉改善手術後の睡眠・精神症状の評価(日本鼻科学会 2017)
  • Age-dependent changes in the size and shape of the nasal septum and external nose (World Rhinology Congress 2017)
  • ナビゲーションを使用したショートステイサージャリー(耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会 ランチョンセミナー 2017)
  • 鼻中隔と外鼻形態の年齢による違い(日本鼻科学会 2016)
  • Characteristics of the frontal sinus drainage pathway in children. (European Rhinologic Society 2016)
  • 当院嗅覚外来の現状(嗅覚冬のセミナー 2016)
  • Sino-nasal outcome test (SNOT-22)日本語版を用いた鼻内視鏡手術の有効性評価(日本鼻科学会 2015)
  • 後鼻神経切断術の効果と安全性に関する検討(日本耳鼻咽喉科学会総会 2015)
  • 当院における嗅覚外来の現況(嗅覚冬のセミナー 2015)
  • 3D内視鏡は、内視鏡下経鼻手術に有用か?(日本鼻科学会 2013)
  • 3D endoscopy for endonasal sinus and skull base surgery (European Academy of ORL-HNS, 2013)
  • 脊索腫に対する内視鏡下経鼻手術(日本頭蓋底外科学会 2013)
  • A training model using quail eggs for endoscopic sinus surgery (European Rhinologic Society 2012)
  • ゼラチンハイドロゲルを用いたIGF1内耳局所投与による突発性難聴例での聴力の経時的変化 (日本聴覚医学会 2012)
  • 3D内視鏡の鼻副鼻腔手術への応用(耳鼻咽喉科臨床学会 2012・最優秀ポスター賞)
  • Endoscopic Endonasal Approach for the Management of Chordoma (International Rhinologic Society 2011)
  • 鶉卵を用いた内視鏡下鼻内手術操作トレーニングとその教育的効果(日本鼻科学会 2011)
  • ゼラチンハイドロゲルを用いたIGF1内耳局所投与による突発性難聴例での聴力像の経時的変化(日本耳科学会 2011)
  • 嗅溝部神経鞘腫に対する内視鏡下鼻内手術(神経内視鏡学会 2010)
  • 高気圧酸素治療を施行した顔面神経麻痺を伴う頭蓋底骨髄炎例(日本耳科学会 2010)
  • 嗅神経芽細胞腫に対する内視鏡下鼻内手術(日本鼻科学会 2010)

医師 藤尾 久美 ふじお ひさみ

医師 藤尾 久美(ふじお ひさみ)
専門領域
嗅覚障害の診療と臨床研究、鼻・副鼻腔良性疾患
経歴
1990年 神戸大学医学部卒業
神戸大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科
県立加古川病院(現 加古川医療センター)
愛仁会 高槻病院
六甲病院
神戸医療センター
高砂市民病院
県立丹波医療センター
2020年4月~医療法人福耳会京都駅前耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック 勤務
資格
日本耳鼻咽喉科学会専門医
補聴器適合判定医・相談医
論文・著書、
学会発表・講演を見る

論文・著書

  • 藤尾久美. 嗅覚障害の診断のフローチャート
    耳鼻咽喉頭頸部外科 91巻12号 1020-1022,2019
  • Hisami Fujio、Go Inokuchi1、Shun Tatehara、Shunsuke Kuroki、Yuriko Fukuda、Hisamoto Kowa、Ken-ichi Nibu.  Three-year prospective study on olfaction of patients with Parkinson's disease:Auris Nasus Larynx. Sep 7. pii: S0385-8146(19) 2019
  • Hisami Fujio、Go Inokuchi1、Shun Tatehara、Shunsuke Kuroki、Yuriko Fukuda、Hisamoto Kowa、Ken-ichi Nibu. Characacteristics of Smell Identification Test in Patients with Parkinson Disease.Clinical and Experimental Otorhinolaryngology May:12(2)206-211 2019
  • Hisami Fujio、Naoki Otsuki、Yuto Horichi 、 Shungaku Yanagisawa 、Mari Nishio 、Masanori Teshima 、Hirotaka Shinomiya、Kazunobu Hashikawa 、Ken-ichi Nibu. Cardiac metastasis in a living patient with oral cancer. Auris Nasal Larynx: Epub 2018 Nov 20 2018
  • 藤尾久美. わかりやすい感覚器疾患 日本医師会雑誌 第147巻・特別号 2018
    ①再生医療 嗅覚・味覚   318
    ②加齢とアンチエイジング 嗅覚・味覚 322
  • 藤尾久美、黒木俊介、福田有里子、井ノ口豪、古閑紀雄、丹生健一.
    オープンエッセンスによる嗅覚加齢性変化のスクリーニング
    日本耳鼻咽喉科学会会報 121巻1号 38-43 2018
  • 藤尾久美. 専門医通信「嗅覚障害と神経変性疾患」120巻12号1480-1481 2017
  • 藤尾久美、丹生健一. 嗅覚障害に対する抗加齢医学 Jones 東京医学社Vol 33. No2, 239-241 2017
  • 藤尾久美、丹生健一. 加齢と嗅覚障害 Jones 東京医学社Vol 33. No2, 221-224 2017
  • 藤尾久美. 今日の治療指針 嗅覚障害 1498-1499 2017
  • 藤尾久美、丹生健一. 変性疾患を疑うべき嗅覚障害. Clinical Neuroscience 1357-1359,Vol.34No.12 2016
  • 藤尾久美、丹生健一. 嗅覚障害 耳鼻咽喉科処方マニュアル.耳鼻咽喉科・頭頸部外科増刊号258-261 2016
  • 藤尾久美、丹生健一. 漢方薬を使いこなす 「嗅覚障害」
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Vol.87.No.13 1092-1093 2015
  • 藤尾久美、井之口豪、福田有里子、長谷川信吾、大月直樹、丹生健一. 嗅覚障害を初発症状と断定しえなかったパーキンソン病の1例. 日耳鼻学会誌会報117:932-935 2014
  • 藤尾久美. においの感覚に異常がでる神経変性疾患は?. JONES July Vol.30.No7 2014
  • 藤尾久美、土井清司、長谷川信吾、丹生健一. 器官別機能と老化による病態「嗅覚」.
    JONES 東京医学社 9月号 1295-1298 2012
  • 藤尾久美、丹生健一. 嗅覚の測定. Clinical Neuroscience  Vol.28 1256-1257 2010
    Hisami Fujio, Kiyoshi Doi, Shingo Hasegawa, Ken-ich Nibu . Evaluation of Card-Type Odor Identification Test for Japanese Patients with Olfactory Disturbance. Annals of Otology,Rhinology &Laryngology 121(6) 413-418 2012

学会発表・講演(2010年以降)

  • 嗅覚同定能検査による嗅覚加齢性変化のスクリーニング(感覚器の加齢性変化シンポジウム  味と匂いの学会2018)
  • 嗅覚の加齢性変化とパーキンソン病の嗅覚についての検討(嗅覚シンポジウム 日本鼻科学会2018)
  • 口腔底がんの心臓転移の1例(日本耳鼻咽喉科学会2018)
  • 藤尾久美 嗅覚と嗅覚検査 (小此木研究会2018)
  • オープンエッセンス(OE)を用いた嗅覚の加齢性変化の検討(日本耳鼻咽喉科学会2017)
  • パーキンソン病(PD)と高齢者ボランティアにおける嗅覚障害の検討(日本鼻科学会2016)
  • 嗅覚同定能の加齢性変化についての検討(日本耳鼻咽喉科学会2016)
  • 高齢者健常ボランティアに対する嗅覚検査(日本鼻科学会2015)
  • 感冒後嗅覚障害とパーキンソン病嗅覚障害の検討(日本耳鼻咽喉科学会2015)
  • パーキンソン病(PD)に対する嗅覚検査の診断的有用性に関する臨床研究(日本鼻科学会2014)
  • 感冒後嗅覚障害と神経変性疾患による嗅覚障害の検討(日本耳鼻咽喉科学会2014)
  • パーキンソン病と嗅覚障害 (兵庫アレルギー研究会 2013)
  • 軽度認知障害症例における嗅覚検査の有用性についての検討(日本鼻科学会 2013)
  • 嗅覚障害で受診したパーキンソン病の一例 (日本耳鼻咽喉科学会2013)
  • A case of Parkinson Disease presented olfactory disturbance as a first symptom(味と匂いの学会 2012)
  • 嗅覚障害を初発症状としたパーキンソン病の一例 (日本鼻科学会 2012)
  • Evaluation of Card type Odor Identification Test : Open Essence○R(OE) for Japanese Patients with Olfactory Disturbance (日本韓国耳鼻咽喉科学会 2012)
  • オープンエッセンス(OE)を用いた臨床研究(日本鼻科学会2011)
  • オープンエッセンス(OE)を用いた臨床研究(日本鼻科学会2010)
  • 嗅覚同定能検査用カードキット(オープンエッセンス)をもちいた嗅覚検査(日本耳鼻咽喉科学会2010)