menu

鼻とアレルギーとにおいのコラム

新型コロナウイルス(COVID-19)による嗅覚障害

新型コロナウイルス感染の症状のひとつとして、嗅覚障害、味覚障害が認められることがあるという報告が相次いでいます。


嗅覚障害がなぜおこるのかについては明らかにはされていませんが、咳、熱、倦怠感などの症状が無いかあっても軽度の方であっても

嗅覚障害だけを自覚するケースもあるとのことで、症状のひとつとして注目されています。


今までになかった嗅覚障害が突如おこってきた場合、すぐに受診を考えないでください。

 

日本耳鼻咽喉科学会では、急性に発症した嗅覚・味覚の異常に対して、「まず2週間の自己隔離」をすすめています。

 

嗅覚が無いことに気が付いたら、熱がないか、倦怠感がないか、咳や息苦しさがないか、に注意しながら、できるだけ家族や他の人の近くにいないように心がけてください。

食事を一緒にとらないように、タオルを共有しないようにしてください。

そして、熱っぽい、だるいなどの症状がでてきたら、「海外渡航歴がなくても」「4日以上37.5度以上の熱が続いていなくても」相談センターに電話で相談してください。

そして、「耳鼻咽喉科を受診してください」ともし指示された場合には、

 

受診しようと思う耳鼻咽喉科に 必ず前もって電話で相談してください。

 

当院では、日本耳鼻咽喉科学会の指針に沿って、急性発症の嗅覚障害の方はまず2週間、受診せずに様子をみていただきます。その間、自己隔離を行っていただきます。

そして、その後受診される際であっても他の患者さんとの空間隔離・時間隔離が必要ですので必ず電話で受診日時についてご相談ください。また、嗅覚検査を行うかについては医師の判断とさせていただきます。


症状のこと、受診のタイミングなどがわからずお困りの場合は

問い合わせフォームからお問い合わせください。可能な範囲でお答えいたします。